国立大学法人 奈良教育大学 

大学院 教育学研究科(修士課程)
<教科教育専攻・美術教育専修(書道,伝統文化・文化財含む)>


奈良教育大学TOPページへ
 

比留間 良介名誉教授作品 Watching,24eyes,1986.10

 小学校から高校までの「図工・美術教育や書写・書道教育」に関する基本的な理論、題材開発・実践方法、検証方法を学んだ上で、それぞれの分野の専門を高めます。

 <美術科教育の分野>では、

「図工・美術科教育実践史」「題材開発をふまえた授業研究」「図画工作・美術科と総合的な学習との連携をふまえた教科カリキュラム」等の研究などを行います。 

 <美術、書道、伝統文化・文化財 の各分野>では、

「構成・デザインにおける理論と制作」「彫塑における理論と制作」「造形芸術学」「絵画記録保存における理論と制作」「書道史、書道教育」「かな書法」「漢字書法」「篆刻」などの研究を行います。

 こうした学修をふまえ、学校教育現場で、「図工・美術教育、書写・書道教育」を推進するリーダーシップを持ち、子どもたちを豊かに育む力量を備えた教育者の養成を行います。

 平成11(1999)年度からは、従来の昼間開講型の大学院に加え、夜間開講型(午後6時以降の授業)も開設され、昼間働きながら夜間に学ぶ大学院生(現職教員)も在籍し、修了生が出ています。院生達は、修了制作作品展、全国規模の展覧会、グループ展、学会発表などの活動をしています。
 院生の修了研究をまとめた「修了研究報告」を毎年発行しています。


美術系 大学院 修了研究発表展

美術系 大学院 自主的な展覧会{青丹彩展}

大学院教育改革支援プログラム 「地域と伝統文化」教育プログラム

   伝統文化・文化財分野の教員を中心に全学的なGPプログラムを展開しています。



本年度大学院説明会は、2011年6月25日(土)です。

大学院説明会は、こちらから




美術(美術科教育、美術、伝統文化・文化財)専任教員>

宇田秀士(美術科教育)  教員の授業内容、研究
山根千佳子(構成・デザイン)  教員の授業内容、研究
西野愼二(彫塑)   教員の授業内容、研究

山岸公基(造形芸術学)   教員の授業内容、研究

大山明彦(絵画記録保存)   教員の授業内容、研究

*梶田幸恵教授(美術科教育)は、2008年3月をもって、定年退職されました。

*脇田宗孝教授(工芸(陶芸))は、2008年3月をもって、定年退職されました。

*比留間良介教授(絵画)は、2010年3月をもって、定年退職されました。

   現在は、特任教授(非常勤 絵画)として、授業は担当されています。

書道 専任教員 
吉川 美恵子(かな書法)  教員の授業内容、研究
福光 佐今(漢字書法)   教員の授業内容、研究
豊田 宗児(漢字書法)   教員の授業内容、研究

谷川雅夫(書道史、書道教育) 教員の授業内容、研究

    *松本宏輝教授(書道教育・書道史)は、2006年3月をもって、定年退職されました。

関連する学部の専修の紹介

教育学部 学校教育教員養成課程 身体・表現コース 美術教育専修サイト

教育学部 総合教育課程 文化財・書道芸術コース 文化財造形専修サイト

教育学部 総合教育課程 文化財・書道芸術コース 書道芸術専修サイト