最新のニュース

研究内容

X線天文衛星を用いた天体解析

「すざく」を用いて、天の川銀河の観測研究を行なっています。天の川銀河の中心に存在する巨大ブラックホールいて座エースターとその周辺の分子雲、超新星残骸、中性子星や白色矮星が主なターゲットです。

天文台による観測と運用

屋上にある天文台が2016年3月に新しくなりました。観測システムの構築や運用を行いながら、恒星や星団の観測を行なっています。

X線天文衛星の開発

新しい発見には新しい観測装置が不可欠です。.

研究成果