■Home

猿沢池の基本4種の見分け方

■2003.8.29.更新


 ニホンイシガメMauremys japonica(以下、イシガメ)、ミシシッピーアカミミガメTrachemys scripta elegans(以下、アカミミガメ)ヌマガメ科2種と、クサガメChinemys reevesiiバダグールカメ科1種、スッポンPelodiscus sinensisスッポン科1種の簡単な見分け方です。

●背中側から見て甲羅部分に

  ◆模様がある………イシガメ・クサガメ・アカミミガメ
  ◆模様が無い………スッポン


スッポンの背面

スッポンの腹面

 甲羅に鱗板(りんばん)と呼ばれている模様がなく、甲羅全体はサメの肌のような印象をうける。前足後足とも水かきが良く発達していて、水中生活に適している。口先が尖っているのも大きな特徴。よくかみつき、首が長く伸びるので要注意。

***

イシガメ・クサガメ・アカミミガメ3種の見分け方

●背面から甲羅を見る


イシガメ

クサガメ

アカミミガメ

●腹面から甲羅を見る


イシガメ

クサガメ

アカミミガメ

●その他のポイント


甲羅後方の甲板が、クサガメやアカ
ミミガメと比べて大きく山形になる

クサガメの甲羅を前から見ると三つのキールがある

アカミミガメの顔には目の後方に赤い斑紋がある(矢印)


図版 真下辰一 井手泉 伊藤ふくお

■Home ・ Top ・ >>Next