■Home

天体観測 Vol.1

Astronomical observation

<No.1-No.20:1999年>
■2003.11.20.更新


No. 天体名 天体画像 メッセージ
20 M77 3分露光。光害とこの小ささのため鮮明には写りませんでした。数千万光年彼方にある数千億個の星の大集団です。
19 M42
オリオン大星雲
1分露光 M42c1は中心部が飽和してしてしまったので、露出を1分にして、中心部が分かるように画像処理しました。青いガスは酸素、赤いガスは水素です。中心部には、恒星の固まりがありますが、これは4重星で、トラペジウムと呼ばれています。これは1万歳です。ハッブル宇宙望遠鏡やスバルの画像を似ているでしょ?!
18 M42
オリオン大星雲
M42(オリオン大星雲) 3分露光。全体的には鳥のような形をし、鳥の頭の部分はM43になります。ここは若い星の誕生しているところです。一番大きな散光星雲です。ここにある星は数万歳です。1500光年彼方にあります。
17 NGC7662
青い雪だるま星雲2
NGC7662(青い雪だるま星雲2)直焦撮影だと小さすぎるので、拡大のために接眼レンズを使う、拡大撮影と言う方法で撮影しました。青い雪だるま星雲のなの由来が分かるような気もします。
★1999年11月4日、露出30秒、奈良市にて撮影。
16 NGC7662
青い雪だるま星雲1
NGC7662(青い雪だるま星雲1)直焦撮影で撮影しました。周りの星と色を比較してみてください。ずいぶん小さいですが、これも惑星状星雲の1つ、死んだ星の姿です。下のM57や、M27,キャッツアイ星雲などと同じ種類に分類されます。
★1999年11月4日、露出1分の画像を2枚合成。奈良市にて撮影。
15 M76
小亜鈴状星雲
M76 露出3分、1999年10月23日、曇ったり晴れたりの天気で、透明度も悪かったのですが、メシエリストで一番くらい、M76を撮影しました。太陽ほどの大きさの星が、死んでいるところです。別名は小亜鈴状星雲、メシエカタログ(M〜)で一番くらい天体です。
14 M33 M33は230万光年離れた、数千億個の星の大集団である、銀河系の一つです。カラーでも撮影しましたが、できが悪かったので、とりあえず白黒です。
★撮影:白黒ビニング、1999年10月8日1分間露光4枚合成
13 NGC6503
系外銀河
系外銀河:NGC6503 数千万光年彼方にある数千億個の星の大集団です。光害のため、ぼんやりとしか写りません。
★撮影:1999年9月23日3分露光
12 NGC6543
キャッツアイ星雲
キャッツアイ星雲:NGC6543 惑星状星雲の一種で、死んだ星の姿です。明るいのですが、あまりにも小さく、僕の望遠鏡では、恒星が膨らんだようにしか写りません。
★撮影:1999年9月23日3分露光
11 M3
球状星団
球状星団m3 銀河系を取り巻く球状星団の1つ。100億歳の年をとった星々が数十万個の集団となったものです。なぜ、球状になったかは今もよく分かっていません。
★1999年5月29日 1分露出8枚を合成
10 M27
亜鈴状星雲
亜鈴状星雲m27。m57と同様、死を迎えた星の姿です。リンゴを両方からかじったような形をしています。青いガスと赤いガスの入り交じった様子がよくわかります。色の対比が美しい。
★1999年8月31日:3分露出
9 M8
干潟星雲
干潟星雲m8。白黒写真版。
★1999年8月2日:白黒2×2白黒ビニング1分露出
8 M8
干潟星雲
干潟星雲m8(m8c5)。若い星星が生まれている所です。赤いガスは、星の材料となります。CCDのチップ面積が小さいため、中心部しか写りません。最近では、ハッブル宇宙望遠鏡によって、この星雲の中心部に竜巻が発見されています。
★1999年8月2日:5分露出干潟星雲m8
7 M57
ドーナッツ星雲
ドーナッツ星雲m57。太陽ほどの軽い星の死の瞬間です。爆発の際に、周りがはがれてリング上になりました。リングの中心には、中心星(死んだ星の本体)が何とか写っています。
★1999年7月31日:3分露出と5分露出の2枚の画像を合成
6 M81
渦巻き銀河
木曽観測所で撮影した M81 渦巻き銀河です。M81 3月24日 11時 武藤冷却CCDカメラ160万画素 露出3分 高橋30p反射です。簡単に撮影できましたが 結構良く写っていると思います。
★1998.9.25.
5 M44
プレセぺ星団
1月24日に撮影した M44(プレセぺ星団)の画像処理ができたので見てください。3分露光 iso1600 山添村での撮影です。初めての直焦撮影での 星団です。スカイウオッチャー7月号に僕が登場する予定です。
★1998.4.29.
4 M42 先日の M42の画像の 画像処理をしなおし色を 実際にかなり 近くしました。見てください。光害の方 メンバー増えてきました。ではまた・・・・
★1998.3.11.
3 M42
トラペジウム
こんにちは。1月9日に撮影した M42の中心部を撮影したものです。ガスを強調したのと ガスの中心部にあるトラペジウム(4重星)を強調したものを送ります。画像処理に苦労しました。では
★1998.2.11.
2 アルデバラン食 こんにちは。1月9日に撮影したアルデバラン食の写真を送ります。露出は1秒 ISO400 合成F値は10.6です。21時28分撮影。
★1998.1.17.
1 土星 12月14日に撮影した土星です。見てください。
★1998.12.14.


Home ・ Top
Back<<   ■   >>Next