■Home

奈良の星空を守る会・案内

現在会員募集を停止しております。次年度より会の運営を改めて呼びかけます。
(以下、案内文)
 星空を見るのが好きな人、天体望遠鏡で星を見るのが好きな人、星ってロマンティックだと思っている人、星空に興味のある人、集まってください。
 夜は暗くて当たり前なのですが、人の暮らし故、必要な光もあります。でも無駄に空に漏らされた光で、夜空が白けて、星がほとんど見えないところもあります。奈良は星空がきれいなのでしょうか。いくつぐらい星が見えているのでしょうか。
 例えば、すばる(プレアデス星団)の星が何個見えるかで星空のきれいさを見ることができます。奈良県各地で調べてみませんか。そして、環境庁の示しているガイドラインを元に、無駄な光に対して働きかけながら、美しい本当の星空を楽しんでいきましょう。


 会の目的
 光害防止委員会奈良支部と連携し、星空の魅力を多くの方とともに見て語り合い、歴史的遺産と同様に、奈良の景観として天の川の見える星空に復元す復元することをめざして,環境庁の示す光害のガイドラインに基づき、無駄な光を減らす厳しい目をもって、奈良の星空を守る活動をする。

 会の活動
・ 奈良県各地で、観望会を年に2回はする。
・ 奈良星空ニュースを年に3回は発行する。
・ 奈良の星空を守るためのガイドラインを作成する。
・ 奈良県各市町村の星空のきれい度チェックをする。
・ 奈良の星空を守る活動を展開する。

 運営
会費 年会費1,000円、学生500円

 組織の構成
  会長   米田 瑞生
  指導部長 高垣 禎夫
  事務局長 井上 龍一

 会則
 星空を守る会の会則です。よくお読みください。

 連絡先
 井上龍一(inoue@nara-edu.ac.jp)までメール(お名前と住所・電話番号・電子メールアドレス・性別・年齢をお知らせください。)で申し込んでください。


Back ・ HomeTop