■Home  奈良星空を守る会会則

奈良の星空を守る会会則

今年度総会にて会則を変更予定。

第1章  総則

第1条  「名称」 本会は奈良星空を守る会と称する。
第2条  「目的」 本会は奈良県における光害に関する知識の普及と
   進歩を図り、併せて会員相互の交流を促すことを目的とする。
第3条  「事業」 本会はその目的を達成するために、次の事業を行う。
   1 年2回の観望会。
   2 ニュースレター「MSN」などの発行。
   3 関係諸団体、諸機関、諸学会との連絡。
   4 その他、本会の目的達成に必要な事業。

第2章  会員

第4条  本会に入会を希望し、別に定める会費を納めた個人、法人、
   機関および任意団体。
第5条  「入会」 本会に入会を希望するものは、会費をそえて、
   本会事務局に申し込む。
第6条  「権利」 会員は次の権利を有する。
   1 本会主催の各種行事、総会に出席すること。
   2 会誌、その他の印刷物の配布を受けること。
   3 会誌および会の発行する印刷物に投稿すること。
   4 本会役員の選挙権と被選挙権。
    ただし、団体、法人、機関会員は除外される。
第7条  「義務」 会費を前納する義務を有する。
第8条  「退会」 退会しようとするものは本会事務局にその由を
        届け出なければならない。

第3章 役員

第9条  「種別」 本会に次の役員をおく。会長1名、事務局長1名、
    ニュースレター編集委員2名
      評議員6名(会長、事務局長、編集委員を含む)。
第10条  「選出」 各種役員は総会において会員の互選により選出する。
       但し、2000年は発起人による暫定執行をする。
第11条  「任期」 役員の任期は1月1日〜12月31日までの1年間とする。
第12条  「会長」 会長は本会を代表し、会務を統括する。

第4章  機関

第13条  「総会」 総会は最高決定機関であり、会務その他総会および
        評議委員会が必要と認めた事項を議決する。
第14条  「評議委員会」 評議委員会は評議員で構成し、会長が議長となる。
        評議委員会は必要に応じ会長が召集し、会の運営方針等
        を審議執行する。
第15条  「事務局」  事務局は会長を助けて会務を運営する。
第16条  「編集委員」 会則第3条第2号の事業を実施するため、編集委員をおく。

第5章  会計

第17条  「経費」 本会の経費は、会費その他の収入をもってあてる。
       会計年度は1月1日から12月31日までとする。

第6章  会則の変更

第18条  「手続」 会則の変更は評議員によって提案され、総会において
       出席会員の3分の2以上の賛成を得て決定する。

付則

第1条  本会則は2000年12月18日より施行する。
第2条  会員の会費は年額1,000円とする。ただし、学生は年額500円とする。
第3条  会費は年度末に徴収する。


Back ・ HomeTop