Home  ★2005.7.5.作成 □2005.7.3.から人目です。

哺乳類の標本箱

モグラ目8種・コウモリ目14種・サル目1種・ウサギ目1種
・ネズミ目16種・ネコ目11種・ウシ目3種(合計54種)

Specimen (Mammal)


■2005.7.5.更新

 哺乳類は、セキツイ動物門、哺乳類綱に属する動物群です。一般的には、皮膚に毛が生えていて(毛者=獣)、汗腺・乳腺などがあり、ほとんどが胎生(単孔類は卵生)で、生まれてきた子どもを自立するまで乳で育てる動物群で、鳥類とともに恒温性で、極地から熱帯、乾燥地帯、水中から空中まで幅広く適応放散しました。肺呼吸をし、心臓は完全に二心房二心室で、効率のよい呼吸器系・循環器系を持ちます。しかも、他のせきつい動物に比べて、大脳半球が大きく発達し、環境への適応性が高く、捕食能力に優れます。
 頭骨から詳しく言いますと、セキツイ動物のうち、胎児が羊膜で包まれている仲間を「有羊膜類」と言いますが、そのうち、頭骨に目の穴以外にもうひとつの穴を持つ仲間(「単弓類」と言います。)で、下あごが歯骨とよばれる骨だけからなるセキツイ動物のことをさします。そのため、哺乳類は下顎にあった歯骨以外の骨を生かして耳の器官を作ることができ、よく聞こえる耳を得て、夜も活発に行動しやすくなりました。
 中生代三畳期の後期に爬虫類から進化し、新生代に繁栄します。現生の種は、有袋目・食虫目・翼手目・霊長目・食肉目・クジラ目・偶蹄目・奇蹄目・長鼻目・齧歯目・ウサギ目など19目約4300種に分類されています。 奈良県では、モグラ目8種・コウモリ目14種・サル目1種・ウサギ目1種・ネズミ目16種・ネコ目11種・ウシ目3種の合計54種が知られています。

***

日本哺乳類学会 ■東洋蝙蝠研究所
コウモリの会 ■日本霊長類学会
全国カヤネズミ・ネット ■奈良の鹿愛護会
***
日本産哺乳類のレッドリスト
環境省・動物レッドリスト及びレッドデータブック


■奈良の哺乳類図鑑■

標本箱で公開している哺乳類たちのスライドショーです(*工事中)。

■矢田丘陵の自然観察4 哺乳類■

大和郡山市立少年自然の家で発行していただいた指導冊子のPDF版です。Acrobatリーダーが必要です。

◆特集◆
 

Bats in Kii peninsula

■2003.11.13.更新

 のページは、紀伊半島のコウモリを紹介するページです。
 ウモリ類は唯一自由に空を飛ぶことのできる小型の哺乳類で、その種数は哺乳類の中で最も多く日本では36種を数えます。
 しかし、まだ生態のわからないものも多く、樹洞性(木の洞をねぐらとするもの)のものは原生林の伐採などによって知らない間にそのねぐらを破壊され、絶滅危惧種として指定される稀少なものが多くなっています。そのため、コウモリ類は「鳥獣保護及狩猟ニ関スル法律」という鳥獣保護の法律によって保護されています。
 本のコウモリは、オオコウモリ類を除けば全て昆虫の捕食者です。しかも大食漢。一日に体重の半分ほども食べます。食う−食われるの関係において、昆虫の数のバランスをとっている大きな要素と言えましょう。
 、約22年前に奈良県を中心に洞穴性のコウモリを中心にコウモリ調査をはじめました。主にやっていることは、紀伊半島でそのねぐらとなる洞穴を見つけて、そこに棲むコウモリの生息状況と洞穴間の移動を調べることです。洞窟の老朽化が進み、安全性も悪くなる一方ですし、まだまだコウモリの動きはつかめずに空振りに終わることが多いです。
 、紀伊半島のコウモリ研究は、東洋蝙蝠研究所紀伊半島野生動物研究会の仲間で行っています。
 ウモリは、多様な昆虫を大量に捕食して生きています。視点を変えれば、多様なコウモリの生息そのものが、多様な昆虫相を意味すると言って良いでしょう。「コウモリのいるところに虫がいる」のです。そして、その集団が大きいことはまさにその地域の豊かな自然を表しているとも言えます。コウモリは中国では福を呼ぶ動物として親しまれています。ツバメと同じように昆虫を食べて家にやってくる動物です。日本でも福を呼ぶはずです。そんなコウモリに関心を持ってもらえるとうれしいです。

MENU

日本コウモリ図鑑

樹洞性コウモリ

洞穴性コウモリ

家屋性コウモリ

紀伊半島のコウモリ

リンク集

観察マナー

コウモリの会

「やみ夜に飛べ飛べコウモリ」が(ちゃぐりん(社)家の光協会)に掲載されました。

 

 ミュージアム掲示板・・・感想・質問など

○○科・MENU

現在、準備中です。

▼Vol.1 モグラ目(*トガリネズミ科、モグラ科)・コウモリ目(キクガシラコウモリ科、ヒナコウモリ科)
モグラ科  キクガシラコウモリ科 ヒナコウモリ科 
▼Vol.2 サル目(オナガザル科)・ウサギ目(ウサギ科)・ネズミ目(*リス科、*ヤマネ科、ネズミ科、*ヌートリア科)
オナガザル科 ウサギ科  ネズミ科 
▼Vol.3 ネコ目(*クマ科、アライグマ科、イヌ科、イタチ科、ネコ科)・ウシ目(イノシシ科、シカ科、*ウシ科)
アライグマ科  イヌ科 イタチ科  イノシシ科  シカ科 


科を代表する哺乳類にカーソルを置くと何科かわかります。クリックするとその標本箱へ移動します(現在、準備中)。


HomeTop

 Copyright(c)2005 Ryuichi Inoue・・・掲載する画像には著作権(井上龍一があります。無断転載禁止です。