■Home ▲樹洞性 ▽洞穴性 ▲家屋性

洞穴性コウモリ

Cave Bats


洞穴性のコウモリって・・・
 洞穴性コウモリは主に洞穴をねぐらにするコウモリです。コウモリの棲み付く洞穴には、鍾乳洞、鉱山廃坑、導水路、随道などがあります。コウモリは乾燥を嫌いますので、洞穴内が湿潤なところを好みます。洞穴内に水溜りのあるところ、湿度が100%近いところがいいです。コウモリは、休憩、交尾、冬眠、分娩などで洞穴を使い分けているのもあります。

奈良県での生息状況・・・
 天川村・川上村の鍾乳洞、吉野地方の銅・鉄・アンチモンなどの鉱山の廃坑、防空壕、利用されなかった五新鉄道の随道、発電所の導水路などで見つかっています。

奈良県での確認種・・・
 奈良県では、キクガシラコウモリ、コキクガシラコウモリ、ユビナガコウモリ、モモジロコウモリ、テングコウモリ、ウサギコウモリ、ノレンコウモリの2科5属7種が確認されています。

No. Photo 科名 種名 特徴 分布
01
キクガシラコウモリ科 キクガシラコウモリ 鼻葉が発達。本土産洞穴性では最大級。 御所市、東吉野村、西吉野村、十津川村、黒滝村、川上村、上北山村、下北山村、天川村、大塔村
02
キクガシラコウモリ科 コキクガシラコウモリ 小型。粗群のコロニーを作る。 東吉野村、西吉野村、川上村、上北山村、天川村、黒滝村
03
ヒナコウモリ科 ユビナガコウモリ 狭長型。大集団。 西吉野村、上北山村、下北山村、奈良市、桜井市
04
ヒナコウモリ科 モモジロコウモリ※ 腿側に白い毛。 上北山村、下北山村、川上村、桜井市、西吉野村、天川村
05
ヒナコウモリ科 ウサギコウモリ 耳介がウサギのように大きい。 川上村、天川村、上北山村、下北山村、西吉野村
06 ヒナコウモリ科 テングコウモリ※ 鼻が飛び出す。長い毛が多い。 川上村、西吉野村、上北山村、天川村、黒滝村


■Home ・ Top ・ ▲Bats in Kii peninsula