リーフレットの全文を掲載しています。


01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14

14ページ

Appendix C 研究ガイド

 学校改善をめぐる状況は日々刻々と変化しています。新しい考え、アイデア、実践が次々と生み出されています。絶えず知識と方法を更新しましょう。確かな理論に触れ、豊かな実践を味わいながら、学校をしなやかに変えていきましょう。

カリキュラム・マネジメントの理論と方法について
■ 田中統治編著『確かな学力を育てるカリキュラム・マネジメント』教育開発研究所、2005年。
■ 田中統治・根津朋美編著『カリキュラム評価入門』勁草書房、2009年。
■ 田村知子『実践・カリキュラムマネジメント』ぎょうせい、2011年。
■ 中留武昭・田村知子『カリキュラムマネジメントが学校を変える――学校改善・単元開発・協働文化』学事出版、2004年。
■ 田中耕治編著『カリキュラムをつくる教師の力量形成』教育開発研究所、2006年。
■ 天笠茂編著『学力を創るカリキュラム経営』ぎょうせい、2011年。

学校改善の理論と方法について
■ 志水宏吉編著『「力のある学校」の探究』大阪大学出版会、2009年。
■ 天野正輝編著『カリキュラムと教育評価の探求』文化書房博文社、2001年。
■ 佐古秀一・武井敦史・曽余田浩史『学校づくりの組織論』学文堂、2011年。
■ 篠原清昭編著『スクールマネジメント――新しい学校経営の方法と実践』ミネルヴァ書房、2006年。
■ 田中耕治・西岡加名恵編著『「学力向上」実践レポート――実践の成果と舞台裏』教育開発研究所、2008年。

校内研究・校内研修の活性化について
■ 村川雅弘編著『「ワークショップ型校内研修」で学校が変わる 学校を変える』教育開発研究所、2010年。
■ 村川雅弘編著『授業にいかす 教師がいきる ワークショップ型研修のすすめ』ぎょうせい、2005年。
■ 横浜市教育センター編著『授業力向上の鍵 ワークショップ方式で授業研究を活性化!』時事通信社、2009年。
■ 中野民夫『ワークショップ――新しい学びと創造の場』岩波書店、2001年。
■ 堀公俊『ワークショップ入門』日本経済新聞出版社、2008年。
■ 堀公俊『ファシリテーション入門』日本経済新聞出版社、2004年。
■ 森時彦・ファシリテーターの道具研究会『ファシリテーターの道具箱――組織の問題解決に使えるパワーツール49』ダイヤモンド社、2008年。
■ 北神正行・佐野享子・木原俊行『学校改善と校内研修の設計』学文堂、2010年。
■ 木原俊行『教師が磨き合う「学校研究」――授業力量の向上をめざして』ぎょうせい、2006年。
 「いい学校」の創り方!? トップページに戻る
赤沢研究室のトップページに戻る